Category Archives: 未分類

一般媒介契約の特徴

Pocket

不動産会社を活用して仲介で家を売る場合には、媒介契約を結ぶ必要があり、それには、「一般」「専任」「専属専任」の3種類があります。
お札を手荷物男性一般媒介契約は、他の契約とは異なり、売主は同時に複数の不動産業者と契約することができます。
一社に限定されないことから、宣伝窓口が広がり、買主が見つかりやすいというメリットとともに、他の契約では違約金の発生が生じる「自分自身で買主を探して契約を締結する」という手法をとることもできるのです。
ただし、不動産会社は、売主に販売活動の状況を報告する義務がないため、宣伝広告費などの費用をかけて積極的に販売活動をしなくてもいいというデメリットもあります。
また、多くの物件状況が登録されており、物件探しのための検索に広く活用されているネットワークをもつ「不動産指定流通機構」への物件情報の登録義務もないため、多くの人の目に触れる機会が減るというデメリットもあります。

一般媒介契約では、複数の不動産会社に依頼することができるのに対し、専任媒介契約や専属専任媒介契約では1社限定となります。しかし、その代わり、規定により積極的な販売活動を行ってくれるというメリットもあります。それぞれにメリットやデメリット、リスクなどがあるため、よく吟味してから媒介契約を選択することをおすすめします。


仲介のメリットとデメリット

Pocket

不動産会社との相談仲介は、売りたい家を不動産会社に依頼して、不動産会社に買主を探してもらうものです。
販売のための宣伝広告や手続きなどについては一切を不動産会社が代行してくれるため、売主は買主が現れるまで待つだけとなります。
買主が見つかったら、書類の整理や売買契約の手続きなどを知識や経験が豊富な不動産業者がスムーズに行ってくれるため、トラブルが発生する可能性も低くなります。

しかし、その一方で、買主を一般で募集するため、見つかるまでに時間がかかることもあります。また、購入を検討している複数の買主候補者が内覧の希望をすれば、まだ居住中であっても家の中を見せることも必要であり、ストレスが伴うこともあります。

仲介で必要になる手数料

仲介では、買取と違って、成約の際の仲介手数料を不動産会社に支払う必要が生じるため、仲介手数料を抑えようと買取を選ぶ方もいます。しかし、例えば、1,000万円の家を売却する場合の手数料は、およそ36万円となりますが、買取では、売却希望額の7割程度になるため、手にできる売却額は700万円程度となります。

仲介手数料が発生しても、買取よりも仲介の方が高い売却額を手にすることができるため、買取よりも仲介を選ぶ方がメリットが大きいと言えるのです。仲介を選択する際には、不動産会社との間に媒介契約を結ぶ必要があります。


買取のメリットとデメリット

Pocket

家を売る際に不動産を活用する方法には、「買取」と「仲介」の2種類があります。
家買取は、不動産会社が直接家を購入することになり、購入した物件をクリーニング、リフォームなどの手を入れて再販売することで利益を得るものです。
価格が折り合えば、買主を探す手間なくすぐに契約を結ぶことができるため、スピーディに家を売却することができます
早期に確実に現金を手に入れることができるため、一日でも早く家を売却したいという方には向いているでしょう。

仲介によって家を売る場合には、「瑕疵担保責任」が発生します。これは、買主の保護を目的として設けられている制度で、売却した家に重大な欠陥があることが買主にわかった場合に、一定期間の間は、売主が修復などの義務を負うというものです。買取の場合はこの責任が免除されるというメリットがあります。

不動産会社は買い取った物件に手を加えて付加価値をつけてから再販売します。リフォームなどの費用が必要となるため、仲介で売却した額の7割程度に抑えないと不動産会社に利益が出ません。仲介では3,000万円で売れる物件が、買取では2,100万円ほどになることもあるため、売却額に大きな差額が生じることになります。売却までに時間に余裕がある場合は、少しでも高く売却できる仲介を選ぶのもひとつの方法と言えるでしょう。


家を売る方法

Pocket

家を売る際には、不動産会社に依頼しないで直接自分自身で個人に売却するという方法もあります。
お札と電卓個人間の売買では、仲介手数料が発生しないので、コストを安く抑えることができる、個人間の多少の駆け引きはあるが、不動産の利潤追求に則って売却価格を極端に下げられることがない、知人や親戚などが買主となる場合には、すぐに成約できる可能性があること、などのメリットがあります。
反面、売主、買主ともに不動産の素人である場合、契約行為をスムーズに進めることができない可能性がある、重要事項等説明書の作成の必要性がないためにトラブルの原因となることがある、買主を自分で探さなければならないため、売却までかかる期間を予測することができず、早く現金化したい場合などには間に合わない場合があるなどのデメリットも多くあります。

建物や土地などの不動産の売却のプロである不動産業者は、従業員5人に対して1人の割合で専任の宅建取引士を置くことが義務付けらえており、豊富な知識や経験を有しています。不動産業者は、利益を追求するビジネスとして家の売却などに当たっているため、不動産に仲介を依頼すると、成約金額の3%+3万円を上限とした仲介手数料を支払う必要があります。

また、不動産業者によって成約までの期間や成約金額に差が生じたり、高額査定や専任媒介により、売却額が大きく下回ったりすることもあります。一方で、不動産会社では物件情報を共有する膨大なネットワークや積極的な販売活動により、買主を早く探し出すことができるとともに成約に至らないと成功報酬となる仲介手数料を支払う必要がないというメリットがあります。自分の力で買主を探したり、面倒な契約手続きをしたりしないでよいというメリットは大きいでしょう。